【ドイツ滞在記】ホームセンターで電球購入【部屋を明るくする】

仕事後、ホテル近くのホームセンターOBIに直行しました。
目的は、電球の購入です。

実はホテルのリビングには間接照明しか明かりが無くて、部屋が暗いのをなんとか対策したいと思っていました。

天井をよく見てみると、ソケットを仕込めるように電源と受け側が準備されている…
やはり部屋自体は、照明を前提とした作りだということです。
なんか暗いな、という感覚は間違っていなかったようですね。

スポンサーリンク

コンセント給電の簡易照明

天井に明かりがない。暗くて我慢できない。

ドイツに滞在するのは半年なので、簡易的なもので良いのです。
ということで、コンセントから給電するタイプの簡単かつ安全な構成で準備することにしました。

売り場に行くと、電球の品揃えが豊富にあります。

種類が多かったのは、E14とE27。
日本では見ない規格ですが、ドイツでは主流です。

E14に決めた

コスパの良いPHILIPSのLEDを見つけましたが、どうもこのPHILIPSに合うコンセント給電のソケットが無さそう。

店員に聞いてみると、やはりコンセント給電のE27口金ソケットは在庫がないとのことで、少し暗いがE14のLED電球の購入と相成りました。

帰宅後つけてみると、バッチリ部屋が明るくりました。
見た目はあまりよくないが、1つ不満が解決!

14°C Light Rain
A8, München, gemeindefreies Gebiet, ババリア, ドイツ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。