【イギリス旅行】ロンドン訪問記【お得な地下鉄のチケット3選】

こんにちは、しげです。
ロンドンを回る際に便利な移動手段が、地下鉄です。

いくつもスポットを回るために地下鉄を複数回利用する場合は、都度チケットを買うよりもお得なチケットがあります。

この記事では、それらチケットの選び方について私が調べたことをまとめました。

関連記事
【イギリス旅行】ロンドン訪問記【巡ったスポット3箇所】 スポンサーリンク

地下鉄の駅はゾーン1~9にエリア分けされている

イギリスの鉄道や地下鉄は、1~9のゾーンとその外側に分かれています。

こちらで確認できます。
Tube and Rail

なお

利用したいゾーンをあらかじめ確認しておくと、運賃を調べるときに役立ちます!

地下鉄の便利なきっぷ3選

地下鉄のきっぷの種類は以下の通り。
  • Oyster card
  • Contactless pay
  • Travel cards

Oyster card

日本で言うSuicaやICOCAなどの交通系ICカードです。
利用した区間のみの支払いですが、上限額が設定されているのが嬉しいところ。

カードを購入するのに£5が必要です。

旅行で使うならVisitor Oyster cardもあり

旅行で使うなら、Visitor Oyster cardというものもあります。

地下鉄の運賃支払いだけでなく、レストランなどで割引を受けられます。

公式サイト:Visitor Oyster card

日本語のカタログはこちら

ちなみにこのカード、ロンドンに到着してからは入手できず、事前購入が必要です。

購入はこちらから。

アカウントなしでも購入できます。

しげ

Contact less pay

Contact less payは、タッチ決済対応のクレジットカードやモバイル決済で運賃を支払う方法です。

タッチ決済対応のクレジットカードやApple pay・Google Payなどをすでにお使いであれば、この方法が便利です。

下記公式サイトからAppをダウンロードできます。

TfL Oyster and contactless app

注意点としては、クレジットカードを利用する際は海外手数料が上乗せされるため、イギリス在住の方に比べて割高になってしまうことが挙げられます。

なお

モバイル決済の場合は、デバイスのバッテリー切れに注意しましょう。最大料金になることもあるみたいです…[/

say]

Travel cards

Travel cardsは乗り放題のカードです。

【利用可能なサービス】
[list class="li-chevron li-mainbdr main-c-before"]
  • ロンドン市内のバス
  • 地下鉄
  • トラム
  • DLR
  • London Overground
  • TfL Rail
  • Emirates Air Line
  • River Bus
  • National Rail
[/list]

乗り放題の期間は

  • 7日間
  • 1ヶ月間
  • 1ヶ月~1年間の任意の期間
  • 1年間
  • 「任意の期間」チケットは、例えば「1ヶ月と3週間」など、1ヶ月単位よりも細かく期間を指定できるチケットのこと。

    [say name="なお" img="https://autolifelabo.com/wp-content/uploads/2021/05/naomi3.png"]現地ではodd periodと表現されています。

    旅行の場合は、ほとんどのケースで、7日間で十分でしょう。

    スポンサーリンク

    どれが得なのか?

    では、結局どのチケットが得なのでしょうか?

    答えは、状況による、です。

    もう一度まとめると、
    チケットの種類 媒体 上限額の設定期間
    Oyster card プリペイドカード 1日
    Contact less クレジットカード モバイル 1日・1週間※
    Travel cards プリペイドカード 1日・7日間

    Oyster CardとContactlessは料金形態がほぼ同じですが、
    Contactlessは1週間の上限が設定されています。

    ※1週間とは、月曜日から日曜日のことです。

    以下で、それぞれのカードが最安となるケースを紹介します。

    Oyster cardが安いケース

    利用する日数が短く、Oyster card代の£5を支払っても£37以下となる場合は、Oyster cardがお得です。

    例えばゾーン1と2の移動は、一日の上限が大人料金で£7.4です。

    一方で、ContactlessやTravel cardの上限額£37となります。

    仮に利用するのが4日間であれば、一日の上限額£7.4を4日分払って、£29.6(乗車賃のみ)。

    これにカード代£5を加えてもトータル£34.6

    Oyster cardを利用するのが合理的です。

    5日目からはContactlessやTravel cardがお得です

    しげ

    Contactlessが安いケース

    きっぷを複数回購入して運賃の合計が£37以上となる場合は、Contactlessが安くなります。

    月曜日から日曜日すべての日で利用した場合を考えてみましょう。

    移動範囲はゾーン1と2とします。

    Oyster Cardを利用したとすると

    £7.4 X 7 = £51.8

    となります。

    一方でContactlessは、月曜日から日曜日の上限額が設定されており

    £37 (=上限額)

    となります。

    この場合は、Contact lessが方がお得です。

    Travel cardが安いケース

    ただし、Contactlessは起算日が月曜日です。

    したがって、例えば土曜日から連続7日で利用しはじめると、恩恵が減ってしまうのです。

  • 土曜日(1日目) + 日曜日(2日目) ⇒ £7.4 + £7.4 = £14.8
  • 月曜日(3日目) ~ 金曜日(7日目) ⇒ £7.4 X 5 = £37

  • となり、トータルで£54となってしまいます。

    この場合は、7日間有効のTravel cardsを£37で購入したほうがお得です。

    スポンサーリンク

    1度だけ短い区間を乗るなら現金でチケットを買うもあり

    上で紹介したようにOyster Cardは初期費用£5が必要なので、当然ながらOyster Cardを購入しないほうが安いこともあります。

    2駅間の運賃検索はこちら。
    Single fare finder

    例えば
    Green Park駅 (バッキンガム宮殿の近く)

    Holborn駅 (大英博物館の近く)
    を乗車する場合、

    Oyster Card … £2.40(運賃) + £5 (カード代) = £7.40
    現金…£5.50

    となり、現金のほうが安くなります。

    運賃は現金のほうが2倍ほど高いけど、カードを買うまでもないケースもありますね。

    しげ

    まとめ

    ということでオススメは、

  • 滞在が5日以内の方…Oyster Car
  • 滞在が5日以内で、すでにタッチ決済対応やモバイル決済手段がある方…Contactless
  • 滞在が6日以上の方…Travel card
  • 一度だけ短い区間を乗る方…現金

  • です。

    2駅間の運賃検索はこちら。
    Single fare finder

    Oyster cardとTravel cardsの運賃比較はこちら。
    Caps and Travelcard prices

    滞在期間や利用しやすさに合せて、あなたにとって便利でお得なカードをお選びください!

    しげ

    関連記事
    【イギリス旅行】ロンドン訪問記【巡ったスポット3箇所】 スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。