【イギリス旅行】ロンドン訪問記【巡ったスポット3箇所】

お腹いっぱいのEnglish Breakfastを食べあと、チェックアウトを済ませてホテル最寄りのHorley駅に向かいました。

関連記事
【イギリス旅行】ゲストハウスで英国式の朝食を楽しむ【利用時の注意点あり】 スポンサーリンク

電車でロンドンへ

駅窓口にて、最初の目的地、バッキンガム宮殿の最寄りのLondon Victoria駅までの切符を買います。

ロンドンの鉄道は混雑緩和のために時間帯によって運賃が異なります

今の時間は、果たしてどの値段のものを買えばよいのか…

しげ

ということで、ここはチケットオフィスのお兄さんに発券を頼みました。

事前に調べた通り、最低運賃の£9.70で済みました。

途中のEast Croydonで乗り換え、11:00前にLondon Victoria駅に到着です。

…なぜか喉がカラカラに乾いていたので、コンビニで水を買います。

バッキンガム宮殿

London Victoria駅から歩くこと15分、バッキンガム宮殿に到着しました。

ちょうど衛兵交代が始まったところで、宮殿の周りは柵の外に人が押し寄せるお祭状態…。

今日は日差しが強くて暑いです。

妻によると、貧血で倒れてしまった人も出たらしい。





遠くからでしたが、規律のある行進と演奏に触れることができました。

スポンサーリンク

大英博物館

次の目的地は大英博物館です。

バッキンガム宮殿最寄りのGreen Park駅から、地下鉄でHolborn駅まで移動しました。

関連記事
【イギリス旅行】ロンドン訪問記【お得な地下鉄のチケット3選】

Holborn駅で下車後、5分歩くと博物館が見えてきました。
地図を見て適当に歩きましたが、運良く入口の近くに到着しました。

門をくぐろうとすると、入管にあたる注意事項を示す看板があります。

キャリーケースを持ち込みしようとして止められる

看板には

「ホイール付きのトランク持ち込み禁止」

とあります。

しげ

まさに今手元にあるリモワのことですね。

「主要な駅の荷物預かりサービスを利用ください」

って…。

そんな駅遠すぎる。

ここまできて、荷物を預けるためだけに誰がそんなところまで行くのでしょうかね。

もう少し案内の仕方を考えたら良いのでは…。

荷物預かりサービスを利用!

そうは言っても、事前に調べなかったこちらに非があるのは明らかです…。
ひとまず先ほど地下鉄を降りた駅まで歩き始めました。

すると…。

博物館からすぐ近くの小さな土産屋に

「荷物をストアします」

との看板を見つけました。

いい商売です。

そのサービスを買うことを即決した私は、店員にスーツケースを預かってもらうようお願いしました。
なぜか看板より安い£5>でした。

預かってくれると言っても、特別面倒を見てくれるわけでも無ければ盗難されないように気を使ってくれるわけでもありませんでした

利用は完全自己責任ですね。

博物館へ入館!

とにかく今日は時間がないので館内で買ったパンフレットに載っていたトップ10のうち8の展示物を見て終了です。
















スポンサーリンク

The Parlour at Fortnum & Mason

最後の目的地は、妻の行きたがっていたThe Parlour at Fortnum & Mason

なお

ロンドン200年以上続く老舗の百貨店、Fortnum & Masonにある喫茶です!

ここのスコーンをどうしても食べたいとのことで、半日のロンドン旅行に組み込みました。

ここは世界的にも有名な百貨店

気品高く、喫茶と入っても入るのに緊張がありましたが、気さくな店員さんに案内された瞬間その心配は吹き飛びました。

どのスタッフもとても低姿勢で、かなりの好印象です。

どの客への気配りも素晴らしく、観光の終盤で心の底から休息をとることができました。

なお

周りを見渡しても、カジュアルな雰囲気でした。










なお

スコーンの甘さは控えめで、シンプルな味わいでした。

怒涛のイギリス旅行が終了

地下鉄でロンドンシティ空港まで移動し、ドイツへ戻ります。
4連休があっという間に過ぎてしまいました。

思った以上においしい食事にめぐり逢い、
思った以上に英語の英国アクセントはハードルが高く、
思った以上にEU感がありませんでした。

人生初のイギリス旅行は想定外の経験も多々ありましたが、私の英国像を大きく変えるきっかけにもなりました。

なお

まだまだ観光し足りない…

ここしばらくドイツ外で週末を過ごすことが多かったですが、来週は一旦ドイツでゆっくりしますかね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。